中央学院高校出身のプロ野球選手一覧表

押本健彦

投手 中央学院-日産自動車-日本ハム 2003年 ドラフト4位

千葉県流山市出身。小学生で流山市の少年野球チームで野球を始めた。中高では大舞台とは無縁であったが、日産自動車では2003年の第30回社会人野球日本選手権大会優勝に大きく貢献した。2003年のドラフト会議で日本ハムファイターズから4巡目で指名を受け入団。契約金8000万円、年俸1500万円。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2004 日本ハム 21 7 8 0 96.2 76 4.47
2005 11 0 1 0 0 29.1 18 6.75
2006 25 5 0 0 6 36.0 30 1.50
2007 36 2 1 0 4 47.0 49 4.60
2008 ヤクルト 67 5 6 1 27 72.2 46 3.34
2009 51 2 6 1 12 64.0 45 2.67
2010 61 3 4 0 16 61.0 56 2.66
2011 65 3 2 1 23 68.2 61 3.28
2012 65 4 1 1 22 59.2 49 3.62
2013 26 2 4 0 1 31.0 19 4.94
2014 6 0 0 0 0 7.0 6 11.57
通算9年 434 33 33 4 111 573.0 455 3.75

藤崎大輔

捕手 中央学院-日本ハム 1999年 ドラフト5位

千葉県出身。中央学院高時代、スカウトの注目を集め1999年のドラフト会議で日本ハムファイターズから5位指名を受け入団。しかし、1軍出場の無いまま、2002年に戦力外通告を通知され、現役から引退する。当時の記事には、引退後について「将来的にアマチュアの指導者を目指すため、大学の通信教育を受けたい」と話していた。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2000 日本ハム
2001
2002
通算3年

安原政俊

投手 中央学院-巨人 1998年 ドラフト4位

千葉県市川市出身。中央学院高では名将・荒井致徳監督の指導により才能が開花。ストレートとキレのある変化球を武器に活躍。甲子園出場はならなかったが、大きな将来性で注目を集め、1998年のドラフト会議で読売ジャイアンツから4位指名を受け、契約金5000万円・年俸480万円で入団。スリー・クォーターから繰り出される剛速球で2001年には一軍に昇格。しかし、一軍登板は1回のみで、2002年に戦力外通告を受ける。オフに他球団の入団テストを受験したもののいずれも不合格。現役を引退した。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1999 巨人
2000
2001 1 0 0 0 1.0 1 9.00
2002
通算4年 1 0 0 0 1.0 1 9.00

古城茂幸

内野手 中央学院-国士舘大-日本ハム 1997年 ドラフト5位

千葉県柏市出身。中央学院高時代は3年生の夏の県大会は準決勝で成田高校に2-3で惜敗。国士舘大学時代は東都大学野球連盟2部リーグにおいて、3度の打率3割をマーク。50m5秒91の俊足を生かし通算35盗塁を記録した。1997年、ドラフト会議で日本ハムファイターズから5位指名を受けて入団。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1998 日本ハム
1999 10 10 1 0 0 0 2 .100
2000 38 23 7 0 2 4 7 .304
2001 45 43 7 0 2 2 9 .163
2002 62 57 8 0 0 3 15 .140
2003 36 78 21 0 3 1 18 .269
2004 59 103 21 1 7 4 19 .204
2005 27 54 9 0 4 0 11 .167
2006 巨人 50 52 18 0 4 4 9 .346
2007 71 68 13 0 5 5 13 .191
2008 83 159 34 3 16 6 32 .214
2009 77 179 45 2 18 3 39 .251
2010 67 82 20 2 7 2 17 .244
2011 74 134 33 1 12 1 29 .246
2012 65 129 27 0 8 2 28 .209
2013 3 4 1 0 0 0 3 .000
通算16年 767 1175 264 9 88 37 248 .225