市立銚子高校出身のプロ野球選手一覧表

窪田淳

投手 市立銚子高-帝京大-阪神 1999年 ドラフト6位

市立銚子高校では長谷川昌幸の控え投手だった。帝京大学に進学後は3年生までリーグ戦未登板だったが、スリー・クォーターからの140km/h台のストレートと鋭く曲がるスライダーを武器に4年生の時にエースになる。首都大学リーグ通算10試合登板、5勝2敗。1999年に阪神タイガースにドラフト6位で入団。当時のチームには数少ない速球派の投手として期待されたが、2年間で1軍出場はなく2001年のオフにオリックス・ブルーウェーブへ金銭トレードで移籍。移籍後は1軍登板もあったが、結果が残せず2003年プロ入り初勝利をあげたオフに自由契約になる。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2000 阪神
2001
2002 オリックス 7 0 0 0 10.1 5 9.58
2003 7 1 1 0 10.2 6 7.59
通算4年 14 1 1 0 21.0 11 8.57

長谷川昌幸

投手 市立銚子高-広島 1995年 ドラフト1位

市立銚子高から1995年のドラフト1位で広島東洋カープに入団。1997年8月10日の対阪神タイガース戦でプロ初登板初先発勝利を収める。2001年には9勝を挙げ、期待の若手投手として頭角を表す。そして2002年は細身の体から投げ込むストレートと切れ味鋭いカーブを武器に自己最多・チームトップの13勝を挙げる。また、この年に引退したヤクルト・池山隆寛の現役最終打席の際にマウンドに立ち、空振り三振に打ち取っている。2005年シーズンから入団当時からの背番号19から、「メジャーっぽいから」との理由で、ジャッキー・ロビンソンのつけていた42に変更。2010年5月15日に交換トレードでオリックス・バファローズへの移籍が発表された。背番号は25。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1996 広島
1997 2 1 0 0 10.1 10 3.38
1998 1 0 0 0 1.0 2 36.00
1999 10 1 3 0 22.2 7 5.96
2000 10 0 2 0 23.0 20 3.13
2001 22 9 6 0 137.0 114 3.22
2002 30 13 10 0 194.1 153 3.84
2003 20 2 10 0 97.0 78 5.29
2004 4 2 1 0 19.2 20 5.49
2005 23 2 10 0 1 86.0 73 6.49
2006 29 1 3 0 6 54.2 57 3.95
2007 26 5 5 0 1 128.1 83 2.95
2008 14 3 6 0 1 59.2 28 6.94
2009 10 3 1 0 0 32.0 24 3.94
2010 2 0 1 0 0 5.1 4 11.81
オリックス 6 0 3 0 0 29.1 15 4.30
2011
通算16年 209 42 61 0 9 900.1 688 4.44

銚子利夫

内野手 市立銚子高-法政大-大洋 1983年 ドラフト1位

1979年の市立銚子ではエースで4番を打ち、夏の甲子園に初出場。元来は内野手だったが、チームの事情により、2年生の秋に投手に転向。1979年夏の甲子園に出場するが、初戦で敗退。同年秋のドラフトで近鉄バファローズから4位指名を受けたが拒否。その後、法政大学に進学し再び内野手に復帰した。1983年秋のドラフトで横浜大洋ホエールズから1位指名を受けて入団。1988年には三塁手のレギュラーとなるが1990年に清水義之にレギュラーを奪われると以後控えに甘んじる。1992年に長内孝との交換トレードで広島に移籍。1993年に現役引退。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1984 大洋 56 104 15 1 3 1 17 .144
1985 51 20 1 0 1 0 3 .050
1986
1987 8 23 7 0 0 0 5 .304
1988 125 425 115 0 23 6 59 .271
1989 114 402 113 2 26 8 53 .281
1990 37 61 17 0 2 0 15 .279
1991 18 34 7 0 3 0 7 .206
1992 広島 13 7 1 0 0 1 4 .143
1993 11 12 2 0 2 0 2 .167
通算10年 433 1088 278 3 60 16 165 .256

石毛宏典新人王MVP

内野手 市立銚子高-プリンスホテル-西武 1980年 ドラフト1位

市立銚子3年生時の1974年にドラフト会議でロッテオリオンズから6位指名を受けるが入団を拒否。駒澤大学へ進学。東都大学リーグ通算107試合出場、378打数114安打、打率.302、7本塁打、57打点。ベストナイン6回。4年生秋季のリーグでは首位打者になる。通算114安打は藤波行雄の133安打、高木豊の115安打に次ぐリーグ3位。プリンスホテルを経て、1980年のドラフト会議で西武ライオンズから1位指名され入団。1981年、新人で開幕スタメン(遊撃手)出場を果たし、ロッテオリオンズの落合博満と首位打者争いを演じるなど1年目から活躍。長嶋茂雄以来の新人打者として打率3割を達成し、新人王を獲得。以後、1番打者として活躍。巨人との「盟主決戦」と謳われた1983年の日本シリーズでは第6戦で1点ビハインドの9回裏1死満塁で同点打を放つなどの活躍。1986年はシーズンMVPを獲得。中日との1988年の日本シリーズでは全5試合で遊撃手としてフル出場。日本一を決めた第5戦では1点リードされた9回裏、リリーフエース郭源治からバックスクリーンへ起死回生の同点本塁打を放つなど活躍し、シリーズMVPを獲得。1994年オフ、辞任した森祇晶の後任監督を打診されるも拒否し、FAを行使して1995年に福岡ダイエーホークスに移籍。翌年の1996年、現役を引退。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1981 西武 121 409 127 21 55 25 96 .311
1982 124 464 120 15 54 22 112 .259
1983 128 439 133 16 64 29 63 .303
1984 124 452 117 26 71 26 82 .259
1985 130 504 141 27 76 11 86 .280
1986 129 514 169 27 89 19 71 .329
1987 130 525 141 11 41 14 89 .269
1988 130 508 144 21 63 22 79 .283
1989 130 486 131 16 63 28 66 .270
1990 100 359 107 8 47 7 41 .298
1991 122 417 112 13 61 8 64 .269
1992 125 438 130 8 52 11 80 .297
1993 122 434 133 15 53 12 83 .306
1994 111 380 101 11 46 8 79 .266
1995 ダイエー 52 120 24 1 11 0 31 .200
1996 18 23 3 0 1 1 5 .130
通算16年 1796 6472 1833 236 847 243 1127 .283

坂本照彦

内野手 市立銚子高-大洋 1976年 ドラフト4位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
備考 入団拒否

[chiba]