千葉商大付属高校出身のプロ野球選手一覧表

木村茂

投手 千葉商大付高-千葉商大-ダイエー 1997年 ドラフト3位

千葉県市川市出身。右投右打・179cm/77kg。千葉商科大付属高から千葉商科大学へ進学。1997年のドラフト3位で、福岡ダイエーホークスに入団。一軍登板は、プロ一年目の1998年に5試合、2000年に1試合、2002年に7試合。2002年には最速153km/hを記録している。2003年以降は一軍登板がなく、2004年シーズンオフに戦力外通告を受け引退。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1998 ダイエー 5 0 0 0 6.0 4 12.00
1999
2000 1 0 0 0 0.0 0
2001
2002 7 0 0 0 8.1 5 9.72
2003
2004
通算7年 13 0 0 0 14.1 9 11.30

平沼定晴

投手 千葉商大付高-中日 1982年 ドラフト2位

千葉県習志野市出身。右投右打・178cm/78kg。千葉商大付高時代の1982年に第54回選抜高等学校野球大会に出場、大会屈指の速球派として前評判が高かったものの初戦で敗退した。その年の夏は県予選の2回戦で12奪三振を奪う好投をしたが敗退。メンタルの強さに加え、選抜出場などの活躍が評価され、その年のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受けて入団。落合博満が中日に1対4でトレードされた際、上川誠二、牛島和彦、桑田茂3選手とともにロッテに移籍した。また、1996年には仁村徹、酒井忠晴、山本保司との3対3トレードで前田幸長、樋口一紀とともに中日に復帰。2度の大型トレードによって古巣復帰を果たした珍しい例である。平沼の気質が最も現れた試合が1989年9月23日の西武戦で、清原和博に死球を与えた際、逆上した清原から、幸い直撃しなかったが、バットを投げつけられた。平沼も怒って清原に向かって走っていったが、清原からヒップアタックにあってしまった。乱闘となり、清原もマイク・ディアズからヘッドロックの返り討ちにあっている。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1983 中日
1984 4 0 0 0 5.2 2 7.94
1985 20 0 1 0 20.2 13 12.63
1986 34 1 2 0 50.2 39 4.44
1987 ロッテ 35 1 0 0 70.0 45 3.21
1988 8 0 1 0 17.1 8 12.46
1989 36 1 3 4 65.1 41 5.65
1990 18 0 0 0 32.2 25 4.68
1991 40 4 6 1 96.0 71 3.47
1992 40 6 2 0 82.0 49 2.41
1993 36 3 2 0 68.0 40 4.50
1994 38 2 5 0 61.2 44 5.84
1995 10 0 0 0 5.2 3 9.53
1996 中日 13 0 0 0 14.0 8 6.43
1997 4 0 0 0 3.2 1 0.00
1998 西武 6 0 0 0 9.1 2 6.75
通算16年 342 18 22 5 602.2 391 4.81