石下高校出身のプロ野球選手一覧表

2009年4月に上郷高校と石下高校が合併して石下紫峰高校へ移行、石下高校は2011年3月で閉校。

市村則紀

投手 石下高-東洋大-電電関東-中日 1982年 ドラフト3位

茨城県常総市出身。左投左打。石下高校時代は、1970年の夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、竜ヶ崎一高に敗れる。その後、東洋大学へ進学する。東都大学リーグ通算37試合に登板し7勝8敗。1973年秋季リーグから3シーズン連続2位となるが優勝には届かなかった。

大学卒業後は、社会人野球の電電関東に入団。先発型の好投手が多く出場機会に恵まれなかったが、リリーフとして徐々に活躍。1981年の都市対抗ではエース田中幸雄をリリーフして好投、チームの準々決勝進出に貢献する。

1982年のドラフト会議で中日ドラゴンズから3位指名を受けて入団する。指名時の年齢はドラフト史上最高年齢の30歳5ヶ月であり、子連れルーキーとして話題となった。30代でのドラフト指名は2020年までの時点で唯一の例である。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1983 中日 44 0 0 1 52.1 31 3.10
1984 27 1 0 0 23.0 13 4.30
1985 17 0 0 0 14.0 10 5.14
1986 西武 37 2 2 0 33.0 21 3.00
1987 27 2 0 0 21.2 5 5.82
1988 11 0 0 0 6.1 3 5.68
通算6年 163 5 2 1 150.1 83 3.95