鬼怒商業高校出身のプロ野球選手一覧表

梅沢義勝

投手 鬼怒商業高-ロッテ 1977年 ドラフト2位

茨城県筑西市出身。右投右打。鬼怒商業高では1977年夏の甲子園県予選準々決勝に進出。大野久のいた取手二と対戦するが、延長18回引き分け再試合の末に敗退した。同年のドラフト2位でロッテ入団する。

堀内恒夫二世と言われる正統な本格派として、重い球質のストレートが武器、カーブ、シュート、スライダーを軸に中継ぎ投手として活躍。ロングリリーフを中心に起用され、1981年には倉持明とともにストッパーを務め、前期は防御率トップとなる。同年は130イニングを投げ規定投球回に到達して7勝8セーブを記録した。その後も中継ぎとして起用されるが、1987年にロッテを自由契約になりヤクルトに移籍するが、活躍の場に恵まれず、1988年限りで現役引退。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1978 ロッテ
1979 4 0 0 0 7.1 8 5.14
1980 28 1 2 0 69.1 49 5.22
1981 48 7 2 8 130.0 62 3.25
1982 38 3 3 3 107.1 35 4.12
1983 37 1 3 2 82.2 35 3.70
1984 33 1 2 3 74.2 45 4.10
1985 37 3 2 6 58.2 47 5.37
1986 14 1 0 0 24.0 14 4.50
1987
1988 ヤクルト 5 0 0 0 6.2 4 8.10
通算11年 244 17 14 22 560.2 299 4.19