東洋大牛久高校出身のプロ野球選手一覧表

菊地恭一

外野手 東洋大牛久高-東芝-大洋 1981年 ドラフト2位

茨城県稲敷郡江戸崎町出身。右投右打。東洋大牛久高では、1972年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、東関東大会準決勝に進む。先発投手として銚子商業の根本隆と投げ合うが惜敗。

高校卒業後は、社会人野球の東芝に入社。都市対抗野球の常連として活躍し、社会人ベストナインにも2度選出される。1978年の都市対抗野球では3本塁打を放ち、チームの優勝に貢献。同年のプロ野球ドラフト会議でロッテオリオンズから2位指名を受けるが入団を拒否し、チームに残留。

1981年の都市対抗野球でも2試合連続本塁打を放ち準優勝。同年のプロ野球ドラフト会議で横浜大洋ホエールズから2位指名を受けて入団する。1年目の1982年から一軍デビューするも、木製バットやプロの変化球に対応する事が出来ず打撃成績が低迷、肩が弱いこともあって一軍に定着できなかった。1987年限りで現役を引退。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1982 大洋 22 22 3 0 0 0 7 .136
1983
1984
1985 8 6 2 0 0 0 2 .333
1986 12 17 2 0 0 0 4 .118
1987
通算6年 42 45 7 0 0 0 13 .156