中村高校出身のプロ野球選手一覧表

山沖之彦最多勝最優秀救援投手

投手 中村高-専修大-阪急 1981年 ドラフト1位

高知県幡多郡黒潮町出身。右投右打。中学時代ではバスケットボール部に所属。すぐにレギュラーになるが練習がきついので2年生で野球部に移る。中村高では監督に熱心に勧誘されたため野球部に入部する。たちまち頭角を現し、1977年の春の選抜甲子園にエースとして出場する。チームメンバー12名で決勝戦まで勝ち上がり「二十四の瞳」と称され社会現象を起こす。決勝戦は箕島に0-3で敗れる。
専修大では、中尾孝義とバッテリーを組み1978年春季リーグに優勝するが、翌年には二部降格。1980年春季リーグ二部優勝。入れ替え戦で国士舘大を降して一部に復帰する。一部でも1981年秋季リーグに優勝、7勝3敗の好成績で、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。一部リーグ通算53試合登板、22勝22敗、防御率2.29、232奪三振。1981年に阪急ブレーブスへドラフト1位で入団。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1982 阪急

オリックス

30 7 15 1 163.2 106 3.84
1983 34 15 8 2 233.0 143 3.48
1984 48 11 8 15 131.2 121 4.10
1985 38 7 14 6 139.2 61 4.83
1986 14 1 5 0 52.0 42 5.88
1987 32 19 10 0 245.1 155 2.75
1988 25 7 12 0 142.2 73 4.98
1989 23 11 6 0 124.1 70 5.28
1990 25 13 8 0 182.2 123 3.74
1991 24 9 7 0 155.2 77 3.30
1992 8 4 3 0 56.2 25 3.65
1993 5 1 1 0 28.2 14 1.88
1994 21 7 4 0 108.0 41 4.25
NPB:13年 327 112 101 24 1764.0 1051 3.92

美口博

投手 中村高-中日 1975年 ドラフト2位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
備考 一軍公式戦出場なし 中日(1976 – 1980)

北尾一喜

内野手 中村高-南海 1969年 ドラフト9位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
備考 一軍公式戦出場なし 南海(1970 – 1971)