京都国際高校出身のプロ野球選手一覧表

釣寿生

捕手 京都国際高-オリックス 2020年 育成ドラフト4位

兵庫県姫路市出身。右投右打。小学2年生から「飾磨インパルス」で軟式野球を始め、飾磨中部中学校では「姫路西リトルシニア」に所属する。その後、京都国際高校に進学し、2年春に正捕手となる。2年夏の京都県大会では決勝に進出したが、立命館宇治に2対3で敗れる。3年夏は新型コロナウイルスによって中止となり、甲子園出場はならなかった。

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、オリックスから育成ドラフト4巡目で指名され、支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)で契約合意。背番号は014。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2021 オリックス
通算**年

早真之介

外野手 京都国際高-ソフトバンク 2020年 育成ドラフト4位

滋賀県甲賀市出身。左投左打。伴谷東小学校時代に「伴谷少年野球」で軟式野球を始め、城山中学校では「滋賀野洲ボーイズ」に所属する。その後、京都国際高校に進学し、1年夏から左翼手のスタメンとして出場する。2年夏京都県大会では決勝に進出し、1安打1打点を挙げるも立命館宇治に2対3で敗れる。3年夏は新型コロナウイルスによって中止となり、甲子園出場はならなかった。

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクから育成ドラフト4巡目指名され、支度金300万円、年俸400万円(金額は推定)で契約合意。背番号は125。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2021 ソフトバンク
通算**年

上野響平

内野手 京都国際高-日本ハム 2019年 ドラフト3位

大阪府貝塚市出身。中学時代は貝塚シニアに所属する。京都国際高では、選抜甲子園を目指して2年秋に行われた近畿大会に出場するが、初戦で明石商に逆転負け。3年夏の京都府大会でも決勝戦で立命館宇治にサヨナラ負けを喫し、甲子園には出場できなかった。

2019年10月に行われたドラフト会議で、日本ハムからドラフト3位指名を受け、契約金3500万円、年俸530万円で入団合意。背番号は48。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2020 日本ハム
2021
通算**年

清水陸哉

大阪府大阪市出身。中学校時代は、投手として川北ストーム中等部でプレーする。京都国際高では、2年夏から投手兼外野手としてレギュラーを掴む。甲子園出場経験はないが、2年秋の秋季京都大会、3年春の春季京都大会ではベスト4に進出した。

2016年10月に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから育成ドラフト5位で指名され、支度金300万円、年俸300万円で契約合意。背番号は141。

外野手 京都国際高-ソフトバンク 2016年 育成ドラフト5位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2017 ソフトバンク
2018
2019
2020
通算4年 一軍公式戦出場なし

曽根海成

内野手 京都国際高-ソフトバンク 2013年 育成ドラフト3位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2014 ソフトバンク
2015
2016
2017 2 3 0 0 0 0 1 .000
2018
広島 11 18 5 0 2 1 9 .278
2019 64 25 5 0 2 5 10 .200
2020 33 16 4 0 1 5 5 .250
2021
通算**年

申成鉉

内野手 京都国際高-広島 2008年 ドラフト4位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2009 広島
2010
2011
2012
2013
2014 高陽 韓国の独立球団・高陽ワンダーズに所属
2015 韓華
(韓国)
64 102 23 4 17 0 44 .225
2016 89 158 44 8 24 0 54 .278
2017
斗山
(韓国)
34 67 11 1 7 1 21 .164
2018 16 24 4 1 2 0 9 .167
2019 35 41 8 1 6 0 14 .195
2020 9 4 1 0 0 0 3 .250
2021
NPB5年 一軍公式戦出場なし
KBO**年