大阪偕星学園(此花学院・此花商業)高校出身のプロ野球選手一覧表

姫野優也

外野手 天理高-大阪偕星学園高-日本ハム 2015年 ドラフト8位

大阪府枚方市出身。天理高校に進学するが1年夏前に退学して、1年秋に大阪偕星学園高校に編入学した。3年夏は1番センター兼投手として同校の甲子園初出場に貢献。大阪府大会準々決勝では前年夏の甲子園で優勝を果たした強豪の大阪桐蔭高校と対戦し、本塁打を放つ。甲子園では打率.333、12打数4安打、1本塁打3打点の活躍を見せ、ドラフト会議で日本ハムから8位指名を受ける。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2016 日本ハム
2017
2018 2 4 0 0 0 0 3 .000
2019
通算**年

米崎薫臣

内野手 右投左打 170cm/77kg 此花学院高-日本生命-近鉄 1988年 ドラフト1位

大阪府豊中市出身。此花学院高では3年夏にKKコンビを擁するPL学園に大阪大会準々決勝で敗れるなど、甲子園出場なし。高校卒業後は日本生命に入社し、1987年と1988年には松下電器の補強選手として都市対抗に出場。また1988年には守備を評価されてソウル五輪代表に野手最年少の20歳で選出された。予選の対オランダ戦では2番・遊撃手で先発出場して1打数1安打、1四球の成績を残して銀メダルを獲得している。同年のドラフト会議で近鉄から1位で指名され、契約金6,500万円、年俸720万円(推定)で入団契約を結んだ。1996年が最後の一軍出場となり1998年に現役を引退。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1989 近鉄 32 69 14 2 6 1 13 .203
1990 70 169 41 2 20 3 24 .243
1991 2 2 0 0 0 0 1 .000
1992 5 9 2 0 0 0 1 .222
1993 5 6 1 0 1 0 1 .167
1994 阪神 53 44 12 0 6 0 10 .273
1995 12 10 3 0 1 0 3 .300
1996 17 12 2 0 2 0 4 .167
通算8年 196 321 75 4 36 4 57 .234

金城基泰

投手 右投右打 178cm/78kg 此花商業高-広島 1970年 ドラフト2位

大阪府出身。1970年秋、此花商業高校から翌春の法政大学への進学がほぼ決定していたが、広島スカウトの木庭教による熱心な口説きに折れ、ドラフト5位で入団。
サブマリン投手で下から浮き上がるような速球を武器に、1973年に10勝を挙げ、防御率2.54をマーク。1974年には外木場義郎、安仁屋宗八、佐伯和司とともに先発ローテーションの中心として奮闘し、
チームは最下位ながら20勝を挙げて最多勝、207奪三振で最多奪三振のダブルタイトルを獲得。
1986年に韓国プロ野球界の青宝ピントゥスに入団。42試合登板で9勝5セーブ。1987年にサムスン・ライオンズに移籍。オールスターゲームにも出場し7勝を挙げるが同年限りで現役引退。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1972 広島 27 3 3 70.2 62 3.95
1973 40 10 6 131.1 106 2.54
1974 44 20 15 0 252.0 207 3.64
1975 16 1 0 4 27.0 24 2.67
1976 43 2 9 4 102.1 97 4.84
1977 南海 31 10 11 1 189.2 123 2.51
1978 19 0 4 3 30.1 29 4.15
1979 53 4 5 16 98.1 69 3.29
1980 31 6 4 13 56.2 43 3.65
1981 23 2 0 7 30.0 35 1.80
1982 57 6 9 21 78.1 65 2.64
1983 40 4 4 15 54.0 28 3.67
1984 20 0 1 8 21.0 15 3.86
1985 17 0 0 0 20.1 16 4.87
1986 青宝 42 9 14 5 175.1 109 3.18
1987 三星 17 7 5 0 95.0 46 4.74
NPB14年 461 68 71 92 1162.0 919 3.33
KBO2年 59 16 19 5 270.1 155 3.73
備考 1986~1987年は韓国リーグでプレー