高川学園(多々良学園)高校出身のプロ野球選手一覧表

山野太一

投手 高川学園高-東北福祉大-ヤクルト 2020年 ドラフト2位

山口県山口市出身。左投左打。高川学園高校ではエースとして3年夏の山口県大会を制し、創部初の甲子園出場を決める。東北福祉大学に入学すると、1年春からベンチ入りし新人賞を受賞。以降はケガもあったが、3年春には5試合を投げ5勝、51奪三振、防御率0.00の成績を残しチームを3季連続優勝に導いた。個人としてはリーグMVP、最優秀投手賞、ベストナインの三冠に輝く。

2020年のドラフト会議にてヤクルトからドラフト2位指名を受け、契約金7000万円、年俸1100万円(金額は推定)で入団合意。背番号は21。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2021 ヤクルト
通算**年

高木豊盗塁王

内野手 多々良学園高-中央大-大洋 1980年 ドラフト3位

山口県防府市出身。右投左打。父親の仕事の都合で転居が多く、福岡県→鹿児島県→愛媛県→福岡県→北海道と転居を繰り返すが、中学3年の2学期に母方の郷里である山口県防府市へ単身で移り住む。

野球では中学3年時に北北海道地区で頭角を現し、多々良学園高校に進学。1976年の秋季大会では1年生ながらエース、三番打者として中国大会まで勝ち進む。しかし、初戦で広島工業に完封負け。甲子園の出場経験はなし。

卒業後は中央大学へ進学し、東都大学野球リーグでは1979年の春季リーグで5年ぶりに優勝。同年から2年連続で日米大学野球の代表にも選出された。リーグ通算107試合出場、402打数115安打、打率.286、2本塁打、28打点。ベストナイン4回。115安打は藤波行雄の133安打に次いでリーグ歴代2位。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1981 大洋
横浜
88 141 31 0 7 6 29 .220
1982 104 277 72 7 33 6 62 .260
1983 125 465 146 12 49 27 72 .314
1984 117 443 133 11 39 56 51 .300
1985 125 488 155 11 50 42 50 .318
1986 126 468 145 1 29 24 81 .310
1987 127 509 148 12 52 21 68 .291
1988 114 416 125 7 46 29 45 .300
1989 127 497 138 5 31 32 72 .278
1990 118 406 131 10 55 13 57 .323
1991 131 490 163 4 62 24 55 .333
1992 131 500 150 5 39 24 62 .300
1993 130 489 131 3 42 9 80 .268
1994 日本ハム 65 193 48 0 11 8 32 .249
通算14年 1628 5782 1716 88 545 321 816 .297