海部高校出身のプロ野球選手一覧表

※2004年4月に海南高・日和佐高・宍喰商業高の3校が再編統合されたことに伴い開校。

森唯斗最多セーブ

投手 海部高-三菱自動車倉敷オーシャンズ-ソフトバンク 2013年 ドラフト2位

徳島県海部郡海陽町出身。右投右打。海部高では1年生の時にベンチ入りして2年秋にエースとなる。3年夏の徳島県大会では、2試合に救援登板して無失点に抑えたが、チームは3回戦で敗れたため甲子園出場できず。
三菱自動車倉敷オーシャンズでは、4年目の2013年、第84回都市対抗野球大会・中国2次予選では45回1/3を投げたが、チームは敗退。しかし、伯和ビクトリーズの補強選手に選ばれ、本大会1回戦において3番手で登板し、2回を投げて無失点。2013年10月に行われたプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスに2巡目で指名され、契約金7,000万円、年俸1,200万円で入団合意。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2014 ソフトバンク 58 4 1 0 20 65.2 54 2.33
2015 55 5 2 0 16 60.1 66 2.69
2016 56 4 3 1 14 60.1 51 2.98
2017 64 2 3 1 33 64.1 60 3.92
2018 66 2 4 37 6 61.1 61 2.79
2019
NPB:**年

大石友好(大石知宜)

捕手 海南高-神奈川大-河合楽器-西武 1979年 ドラフト3位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1980 西武 77 156 32 0 8 2 17 .205
1981 80 219 50 5 25 6 33 .228
1982 101 227 42 1 24 3 36 .185
1983 76 143 30 4 19 0 20 .210
1984 13 13 1 0 1 0 3 .077
1985 中日 74 155 38 1 12 0 25 .245
1986 54 88 15 0 4 0 19 .170
1987 42 78 16 1 8 0 14 .205
1988 74 103 19 0 6 0 21 .184
1989 33 19 3 0 2 0 2 .158
1990 36 35 8 0 2 0 6 .229
1991 23 5 2 0 0 0 0 .400
NPB:12年 683 1241 256 12 111 11 196 .206

北川裕司

内野手 海南高-神奈川大-ロッテ 1975年 ドラフト5位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1976 ロッテ 7 7 1 0 2 0 1 .143
1977 22 13 3 0 0 0 2 .231
1978 6 6 0 0 0 0 1 .000
1979
1980
NPB:5年 35 26 4 0 2 0 4 .154

尾崎健夫

投手 海南高-ヤクルト 1971年 ドラフト3位

海南高ではエースとして活躍。大石友好とバッテリーを組んで1971年春季の徳島大会で優勝するが四国代表決定戦で徳島商に敗れる。同年夏も県予選準々決勝で池田高に敗れる。ドラフト会議でヤクルトスワローズに3位指名されたが、兄の尾崎将司がヤクルト本社へ直接赴いて、入団辞退してプロゴルファーを目指す道を選択する。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
備考 入団拒否

浜口春好

内野手 海南高-電電近畿-東映 1965年 ドラフト3位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1966 東映 6 11 3 0 0 0 1 .273
1967 7 3 0 0 0 0 1 .000
1968 近鉄 9 6 0 0 0 0 1 .000
NPB:3年 22 20 3 0 0 0 3 .150