つくば秀英高校出身のプロ野球選手一覧表

大山悠輔

内野手 つくば秀英高-白鴎大-阪神 2016年 ドラフト1位

茨城県下妻市出身。右投右打。つくば秀英高では、1年から投手兼遊撃手をつとめ、高校通算27本塁打を放つが、在学中は春夏とも甲子園に出場できなかった。卒業後は、中塚駿太と共に白鴎大学へ進学。1年春から三塁手としてリーグ戦に出場して1年春と2年秋にベストナインに選ばれる。
4年春のリーグ戦では、打率.417、リーグ新記録の8本塁打、タイ記録の20打点を達成。本塁打王と打点王を獲得するとともに、三塁手として3度目のベストナイン選出。リーグ戦通算98試合に出場。119安打、16本塁打、93打点を記録した。2016年のドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目で単独指名。契約金1億円+出来高5,000万円、年俸1,500万円で入団合意。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2017 阪神 75 198 47 7 38 2 41 .237
2018 117 347 95 11 48 5 54 .274
2019
通算**年

中塚駿太

投手 つくば秀英高-白鴎大-西武 2016年 ドラフト2位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2017 西武 1 0 0 0 0 0.2 0 27.00
2018 2 0 0 0 0 2 4 18.00
2019
通算**年

長井良太

つくば秀英高-広島 2016年 ドラフト6位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2017 広島
2018 4 0 0 0 0 3.1 0 13.50
2019
通算**年

野沢佑斗

投手 つくば秀英高-ソフトバンク 2015年 育成ドラフト1位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2016 ソフトバンク
2017
2018
2019
通算**年

江柄子裕樹

投手 つくば秀英高-明治大-東芝-巨人 2011年 ドラフト6位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2012 巨人 7 0 2 0 0 14.2 14 2.45
2013 4 1 0 0 0 4.0 2 4.50
2014 19 0 2 0 0 29.0 15 2.79
2015
2016 2 0 1 0 0 8.2 4 7.27
2017 2 0 0 0 0 3.0 2 15.00
通算6年 34 1 5 0 0 59.1 37 4.10

塚原頌平

投手 つくば秀英高-オリックス 2010年 ドラフト4位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2011 オリックス
2012 16 1 1 0 2 35.0 25 3.60
2013
2014
2015 41 0 4 1 13 43.2 25 3.30
2016 54 4 1 0 13 54 40 2.67
2017 4 0 0 0 0 4.2 4 5.79
2018
2019
通算**年

山田大樹

投手 つくば秀英高-ソフトバンク 2006年 育成ドラフト1位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2007 ソフトバンク
2008
2009
2010 13 4 4 0 0 58.2 44 4.60
2011 17 7 7 0 0 110.2 67 2.85
2012 24 8 10 0 0 148.2 83 2.78
2013 9 3 3 0 0 35.1 17 4.58
2014 1 0 1 0 0 5.0 0 5.40
2015
2016 4 1 1 0 0 13.2 9 5.93
2017 2 1 0 0 0 7.1 4 3.68
2018 ヤクルト 2 0 1 0 0 5.2 3 15.88
2019
通算**年

[ibaraki]