千葉日大一高校出身のプロ野球選手一覧表

吉岡興志

投手 千葉日大一高-常磐大-阪神 2008年 育成ドラフト2位

千葉県佐倉市出身。右投右打。小学校2年生の時に野球を始める。千葉日大一高では高校通算48本塁打を放つ。その後、常磐大学に進み1年時からベンチ入り。4年時の2008年にはエースとして、関東地区大学野球選手権大会での準優勝に貢献、明治神宮野球大会ではベスト8に進出した。同年のドラフト会議で阪神タイガースより育成枠2位で指名される。2009年は、二軍で10試合に登板し1勝を挙げたが、防御率6.30と振るわなかった。翌2010年も二軍で7試合の登板で防御率4.15であった。2011年シーズンは、二軍で主に先発として14試合に登板。4勝5敗、防御率3.57とそこそこの成績を残した。
同年11月7日、育成選手の規約に基づいて自由契約選手公示がなされたが、11月25日に球団と再契約した。2012年シーズンは前年度から一転、二軍で6試合の登板に終わり、10月2日、戦力外通告を受け10月31日に自由契約公示された。12球団合同トライアウトに2回とも参加するも獲得球団は現れず現役を引退。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2009 阪神
2010
2011
2012
通算4年 一軍出場なし

長冨浩志新人王

投手 千葉日大一高-国士舘大-NTT関東-広島 1985年 ドラフト1位

千葉県船橋市出身。右投右打。千葉日大一高ではエース、四番打者として、1979年夏の甲子園千葉県予選で準決勝に進出するが、習志野高にコールド負け。卒業後は国士舘大に進学。東都大学リーグでは、二部リーグ降格が長く、一部リーグ出場は3シーズンにとどまる。1983年秋にロッテのドラフト3位指名を受けるも入団拒否。電電関東に入社、1984年IBAFワールドカップ日本代表に選出される。1985年には関東選抜リーグで優勝。
同年のドラフト1位で広島東洋カープに入団。最速152km/hの速球を武器に三振の取れる速球派として入団1年目から8連勝を含む10勝、防御率3.04の成績で広島カープのリーグ優勝に大きく貢献。セ・リーグ新人王にも選出された。2002年のシーズン終了後に現役を引退。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1986 広島 30 10 2 2 121.1 124 3.04
1987 18 5 6 0 114.2 84 3.38
1988 24 5 7 0 122.1 103 4.27
1989 28 10 9 0 166.2 155 3.46
1990 30 11 11 0 184.0 158 3.52
1991 24 5 6 0 104.2 76 4.82
1992 33 11 10 0 140.0 100 4.56
1993 28 4 8 0 108.2 55 5.22
1994 17 2 5 1 48.1 25 5.21
1995 日本ハム 44 7 7 2 75.2 49 2.62
1996 26 1 2 2 40.1 32 5.36
1997 56 2 0 0 55.2 39 2.26
1998 ダイエー 33 0 0 3 21.0 13 1.29
1999 9 2 1 0 8.2 2 7.27
2000 38 1 1 0 27.0 17 2.00
2001 26 1 2 0 22.0 13 3.68
2002
通算17年 464 77 77 10 1361.0 1045 3.84

[chiba]