佐沼高校出身のプロ野球選手一覧表

佐々木信行

捕手 佐沼高-ロッテ 1971年 ドラフト10位

宮城県登米市出身。右投右打。佐沼高から一般企業への就職が内定していたが、一転して1971年のドラフト10位でロッテオリオンズに入団。同期には弘田澄男・成重春生・倉持明がいる。1979年にはシーズン序盤の6試合に先発マスクを被るが、当時の主力捕手である高橋博士、土肥健二の壁を破れず、1980年以降は一軍出場もなくなり、1982年限りで引退した。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1972 ロッテ
1973
1974 2 1 0 0 0 0 1 .000
1975
1976 13 4 0 0 0 0 1 .000
1977
1978 5 8 4 0 2 0 3 .500
1979 26 29 6 1 3 0 2 .207
1980
1981
1982
NPB:11年 46 42 10 1 5 0 7 .238

長野哲

投手 佐沼高-熊谷組-大洋 1968年 ドラフト5位

宮城県出身。左投左打。佐沼高では、2年夏の甲子園県予選3回戦で宮城水産高を相手にノーヒットノーランを達成。県予選を勝ち抜き東北大会準決勝に進むが、福島商に0-1で敗退し、甲子園出場を逸する。翌年夏は県予選で敗れた。
1967年ドラフト会議でサンケイアトムズから8位指名を受けるが拒否して熊谷組へ入社。1968年ドラフト会議で大洋ホエールズから5位指名を受け入団。貴重な左腕として期待されたが、一軍での登板は1試合のみに終わり、1977年に引退。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1969 大洋
1970
1971
1972
1973
1974 1 0 0 0 0.1 0 0.00
1975
1976
1977
NPB:9年 1 0 0 0 0.1 0 0.00