日立一高校出身のプロ野球選手一覧表

渡辺弘基

投手 日立一高-亜細亜大-日産自動車-阪急 1971年 ドラフト1位

福岡県北九州市出身。左投左打。日立一高では、1965年にエースとして夏の甲子園東関東予選決勝に進出する。銚子商の木樽正明と投げ合うが0-9で大敗し、甲子園には出場できなかった。その後、亜細亜大学へ進学する。東都大学リーグでは在学中に2度の優勝を経験。リーグ通算22試合に登板し3勝6敗。

1969年のドラフトで東映が3位指名するも拒否して日産自動車に入社し、1970年の都市対抗に本田技研の補強選手として出場する。準々決勝に進み住友金属と対戦。河本昭人をリリーフし山中正竹らと投げ合うが、延長11回裏にサヨナラ押し出し四球を与え惜敗。1971年のドラフト会議にて阪急がドラフト1位で指名し、入団する。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1972 阪急 5 0 0 6.2 5 3.86
1973
1974 35 1 0 0 54.0 29 2.67
1975 広島 55 3 3 1 77.2 40 1.85
1976 73 2 3 5 87.2 41 3.58
1977 39 0 2 1 29.1 21 5.59
1978 33 2 1 0 35.1 20 5.66
1979 9 0 0 0 9.0 4 7.00
通算8年 249 8 9 7 299.2 160 3.51