別府鶴見丘高校出身のプロ野球選手一覧表

長野隆裕

外野手 別府鶴見丘高-大洋 1973年 ドラフト6位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
備考 入団拒否

貞山健源

投手 別府鶴見丘高-太平洋 1972年 ドラフト8位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
NPB:2年 一軍公式戦出場なし 太平洋(1973 – 1974)

大下正忠

内野手 別府鶴見丘高-巨人 1968年 ドラフト7位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
備考 一軍公式戦出場なし 巨人(1969 – 1970)

三好行夫

内野手 別府鶴見丘高-日鉱佐賀関-阪急 1968年 ドラフト10位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
備考 入団拒否

大場隆広

投手 別府鶴見丘高-中日 1966年 1次ドラフト1位

福岡県田川郡香春町出身。左投左打。息子は元読売ジャイアンツの大場豊千。別府鶴見丘高では、1966年にエースとして夏の甲子園予選中九州大会準決勝に進出。しかし熊本一工の田尻茂敏と投げ合い敗退、甲子園出場はならなかった。予選では1試合平均11の三振を奪う。荒削りだが速球に魅力があり、ドロップを武器とした。
1966年の1次ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受け入団する。1967年にはジュニアオールスターに選出され、貴重な本格派左腕として期待されたが一軍では結果を出せず、1970年オフに自由契約となり、近鉄バファローズへ移籍する。1975年オフに再度自由契約となり、南海ホークスへ移籍する。コーチ兼任となった1977年限りで現役を引退。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1967 中日 4 0 0 3.1 1 3.00
1969 2 0 0 0.2 0 13.50
1972 近鉄 8 0 0 7.2 3 6.75
1973 12 0 0 8.2 2 10.00
1974 11 0 0 15.1 7 3.60
NPB:5年 37 0 0 35.2 13 6.00

浜口政信

投手 別府鶴見丘高-サンケイ 1965年 ドラフト4位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1966 サンケイ 1 0 0 2.0 1 4.50
1967 10 1 0 18.2 13 5.21
NPB:2年 11 1 0 20.2 14 5.14