駒大苫小牧高校出身のプロ野球選手一覧表

大累進

内野手 駒大苫小牧高-道都大-巨人 2012年 ドラフト2位

北海道札幌市出身。右投右打。駒大苫小牧高に入学後、遊撃手に転向。甲子園出場経験なし。2年秋からベンチ入りするも、3年夏は南北海道予選の準々決勝・北海高校戦に0-9で敗れた。道都大学では1年春から公式戦に出場。3年生になると春・秋連続で遊撃手でベストナインに選出される。4年生で主将となり、秋には首位打者を獲得した。2012年10月のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから2位指名を受け入団。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2013 巨人 2 0 0 0 0 0 0
2014
2015
2016 日本ハム 14 6 0 0 0 2 1 .000
2017 13 2 0 0 0 0 1 .000
2018
通算6年 29 8 0 0 0 2 2 .000

田中将大新人王MVP最多勝最優秀防御率最多奪三振最高勝率

投手 駒大苫小牧高-楽天 2006年 高校生ドラフト1位

兵庫県伊丹市出身。右投右打。小学校時代の軟式少年野球チーム「昆陽里タイガース」では、4番・捕手として坂本勇人とバッテリーを組んでいた。1年秋の神宮大会では正捕手で出場。2年夏の甲子園ではチーム最多となる25回2/3を投げて全国制覇を達成。ちなみに決勝戦で優勝を決めた最後の1球は2年生では史上初の150km/hを計測している。

2年秋からはエース兼主将となり、秋季北海道大会では5試合中4試合で本塁打を放つなど活躍。決勝では過去最多の13点差で優勝した。3年春に開催される選抜甲子園の優勝候補に挙げられていたが、部員の不祥事により出場辞退となる。3年夏は史上2校目の夏の甲子園3連覇を目指すが大会直前から体調を崩す。

チームは決勝戦まで駒を進め、早稲田実業との決勝戦では3回途中からリリーフ登板して延長15回まで1失点。チームは1-1で引き分けとなり、37年ぶりの決勝引き分け再試合となった。再試合でも1回途中から登板し、7回3分の1を投げ3失点に抑えたが、チームは3対4で敗れる。甲子園通算成績は春夏12試合の登板で8勝無敗。2006年9月の高校生ドラフト会議において日本ハム、オリックス、横浜、楽天の4球団から1位指名を受け、抽選の結果、楽天が交渉権を獲得して入団。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2007 楽天 28 11 7 0 0 186.1 196 3.82
2008 25 9 7 1 0 172.2 159 3.49
2009 25 15 6 1 0 189.2 171 2.33
2010 20 11 6 0 0 155.0 119 2.50
2011 27 19 5 0 0 226.1 241 1.27
2012 22 10 4 0 0 173.0 169 1.87
2013 28 24 0 1 0 212.0 183 1.27
2014 ヤンキース 20 13 5 0 0 136.1 141 2.77
2015 24 12 7 0 0 154.0 139 3.51
2016 31 14 4 0 0 199.2 165 3.07
2017 30 13 12 0 0 178.1 194 4.74
2018 27 12 6 0 0 156.0 159 3.75
2019
NPB7年 175 99 35 3 0 1315.0 1238 2.30
MLB5年

加藤謙如

外野手 駒大苫小牧高-横浜 1994年 ドラフト6位

北海道苫小牧市出身。右投左打。1994年に駒大苫小牧高校から横浜ベイスターズにドラフト6位で入団。2000年、一軍出場が無いまま戦力外通告を受け現役を引退。2002年からは社会人野球のクラブチーム、オール苫小牧で現役復帰。2005年からはトランシス・マーリンズの外野手コーチを務めている。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1995 横浜
1996
1997
1998
1999
2000
通算6年 一軍公式戦出場なし

[hokkaido]