暁星国際高校出身のプロ野球選手一覧表

相川良太

内野手 暁星国際高-東海大-オリックス 1998年 ドラフト3位

福岡県福岡市出身。小学3年生の時に野球を始め、中学時代は福岡中央シニアで遊撃手兼投手としてプレー。暁星国際高では1年から三塁手のレギュラーとなり、3年の時は内野手兼投手としてプレーするが3年夏は5回戦で敗退し甲子園出場はならなかった。高校卒業後、東海大学へ進学。2年春には遊撃手のレギュラーとなり、2年秋には首位打者のタイトルを獲得するなど、リーグ戦通算63試合出場、220打数69安打、打率.314、33打点。ベストナイン3回。1998年のドラフト会議においてオリックスから3位指名を受け入団。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1999 オリックス 2 2 0 0 0 0 2 .000
2000
2001 62 106 26 4 14 4 26 .245
2002 64 170 35 5 23 3 41 .206
2003 22 53 18 3 7 0 11 .340
2004 49 128 35 3 15 4 25 .273
2005 17 38 9 0 3 0 8 .237
2006 65 175 45 11 26 1 49 .257
2007 13 24 3 0 0 0 6 .125
2008 10 20 4 2 6 0 6 .200
2009 10 20 6 0 1 0 5 .300
2010
通算12年 314 736 181 28 95 12 179 .246

小笠原道大首位打者本塁打王打点王最多安打最高出塁率

内野手 暁星国際高-NTT関東-日本ハム 1996年 ドラフト3位

千葉県千葉市出身。7歳から野球を始め、千葉西リトルリーグでプレーする。 高校進学後に二塁手にコンバートされ、翌1990年にはチーム事情から捕手を兼ねる。2年生の時には同期のエース北川哲也を擁し、二塁手、五番打者として1990年夏の千葉大会決勝に進むが、成田高校に敗れ甲子園出場を逸する。高校通算本塁打は2本で県内でも無名だった。卒業後はNTT関東に入社。沖原佳典とともに中心打者として活躍し、後に日本ハムでも同僚となる立石尚行とバッテリーを組む。1996年の第67回都市対抗野球に、沖原、立石とともに新日鐵君津の補強選手として出場。JR東海との1回戦では二番打者として起用され、3本の二塁打を放つなど活躍、立石、森慎二らの完封リレーで勝ち上がる。ヤマハとの2回戦でも勝ち越しの本塁打を放ち、準々決勝に進むが朝日生命に敗退した。この時のチームメートに四番打者の松中信彦がいる。1996年ドラフト会議で日本ハムファイターズから3位指名を受ける。入団会見では「首位打者を取れるような打者になりたい」と宣言した。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1997 日本ハム 44 94 21 0 7 1 10 .223
1998 71 86 26 1 9 1 17 .302
1999 135 547 156 25 83 3 84 .285
2000 135 554 182 31 102 24 91 .329
2001 140 576 195 32 86 1 102 .339
2002 135 486 165 32 81 8 77 .340
2003 128 445 160 31 100 8 65 .360
2004 101 377 130 18 70 3 70 .345
2005 133 514 145 37 92 2 114 .282
2006 135 496 155 32 100 4 85 .313
2007 巨人 142 566 177 31 88 4 98 .313
2008 144 520 161 36 96 0 105 .310
2009 139 514 159 31 107 2 107 .309
2010 137 510 157 34 90 1 101 .308
2011 83 281 68 5 20 1 66 .242
2012 34 92 14 0 4 0 22 .152
2013 22 36 9 1 8 0 7 .250
2014 中日 81 83 25 1 18 0 16 .301
2015 53 51 15 0 8 0 10 .294
通算19年 1992 6828 2120 378 1169 63 1247 .310

北川哲也

投手 暁星国際高-日産自動車-ヤクルト 1994年 ドラフト1位

東京都江戸川区出身。暁星国際高には、同校が野球部の強化を始めた時期の1期生として入学。エースとして臨んだ2年夏の千葉県大会では決勝戦で成田高校に敗れた。高校時代は小笠原道大とバッテリーを組んでいた。高校卒業後は日産自動車に入社。同僚の川尻哲郎らとともに活躍し、1994年の第21回社会人野球日本選手権大会では準優勝に貢献し、敢闘賞を受賞した。キレのある145km/hの速球とスライダー、ナックルボールが武器。同年のドラフト会議前にヤクルトスワローズの逆指名を表明。ドラフトではヤクルトが1位指名で交渉権を獲得し契約金1億円、年俸1200万円で入団合意。入団1年目から中継ぎなどで登板したが、1997年オフに脱税行為をしていたことが発覚し在宅起訴される。判決公判で懲役10月、執行猶予3年、罰金350万円の有罪判決が言い渡され、コミッショナーからは1998年の開幕日から4週間の出場停止と制裁金70万円の処分を受けた。1998年5月23日の対中日ドラゴンズ戦でプロ初勝利を挙げるが、相手の星野仙一監督は「おれの晩年のようなスピードの投手を打てなきゃ勝てん」、自軍の野村克也監督は「オールチェンジアップや」というなど、球の遅さが強調されるコメントだった。8月25日の対広島東洋カープ戦で初の完投勝利を挙げた。1999年は登板機会がなく同年限りで戦力外通告を受け、千葉ロッテマリーンズの入団テストを受けるも不合格に終わり現役を引退した。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1995 ヤクルト 2 0 1 0 3.0 2 9.00
1996 9 0 0 0 12.1 8 12.41
1997 2 0 0 0 2.0 1 9.00
1998 23 4 4 1 80.0 44 3.83
1999
通算5年 36 4 5 1 97.1 55 5.18

[chiba]