伊野商業高校出身のプロ野球選手一覧表

渡辺智男最優秀防御率

投手 伊野商業高-NTT四国-西武 1988年 ドラフト1位

高知県高岡郡佐川町出身。右投左打。中学校時代にヒジを剥離骨折し、投手にならないという条件で伊野商業高校に進学する。しかし、2年春から投手として練習するようになり、秋にはエースナンバーを背負う。3年春に選抜甲子園に出場し、これが同校初の全国大会となった。準決勝では清原和博、桑田真澄らを擁するPL学園と対戦。伊野商が初出場だった事もあり、下馬評では圧倒的有利だったPL側は投手対策を特に立てておらず、渡辺が清原を3三振に封じ込めるなどわずか1失点の好投で勝利した。決勝の対帝京戦では自ら本塁打を放ち、小林昭則との投げ合いを13奪三振の完封で制して優勝した。

3年夏の高知県大会は決勝で高知商に敗れ、卒業後は社会人野球のNTT四国に進む。1988年はソウル五輪代表にも選ばれたが、直前の7月に参加したIBAFワールドカップで右ひじを故障したため、ドラフト会議を前にプロ入り拒否を打ち出したにも関わらず、西武がドラフト1位で強行指名する。交渉は難航するが、最終的には同じくプロ入り拒否を打ち出していた2位指名の石井丈裕とともに入団する。契約金と年俸は石井丈裕と同額の7,000万円、840万円となった。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1989 西武 19 10 7 0 138.0 101 3.52
1990 24 13 7 1 176.0 130 3.38
1991 22 11 6 1 157.0 119 2.35
1992 20 7 5 0 85.0 58 4.87
1993
1994 ダイエー 16 4 9 0 93.2 47 4.23
1995 14 0 5 0 69.1 42 5.19
1996 2 0 1 0 4.1 4 14.54
1997 6 0 0 0 2.1 1 11.57
1998 西武
通算10年 123 45 40 2 725.2 502 3.73

国沢道雄

投手 伊野商業高-日本ハム 1978年 ドラフト4位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1979 日本ハム
1980
1981
1982
通算4年 一軍公式戦出場なし

井本隆

投手 伊野商業高-鐘淵化学-近鉄 1972年 ドラフト3位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1973 近鉄 19 0 0 23.1 15 7.43
1974 35 2 4 2 72.1 23 3.88
1975 16 4 1 0 68.2 30 2.48
1976 30 6 11 3 155.1 68 3.66
1977 31 7 9 0 141.2 49 3.74
1978 28 9 7 0 167.0 58 4.10
1979 33 15 4 1 192.0 93 3.61
1980 35 15 8 1 205.2 94 4.37
1981 20 5 9 0 115.1 55 4.23
1982 19 11 4 0 131.0 39 3.37
1983 ヤクルト 27 6 14 0 141.2 65 5.46
1984 27 1 4 1 76.2 36 4.93
通算12年 320 81 75 8 1490.2 625 4.08

谷山高明

投手 伊野商業高-愛媛相互銀行-巨人 1971年 ドラフト2位

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
1972 巨人
1973
1974
1975 7 0 0 0 7.0 7 3.86
1976
1977 日本ハム 6 0 0 0 12.0 5 3.00
1978 2 0 0 0 3.0 2 15.00
1979
通算8年 15 0 0 0 22.0 14 4.91

山下司

内野手 伊野商業高-巨人 1966年 1次ドラフト1位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
1967 巨人 1 0 0 0 0 0 0
1968
1969 7 0 0 0 0 0 0
1970 3 0 0 0 0 0 0
1971 42 11 1 0 0 7 3 .091
1972 19 5 0 0 0 0 2 .000
1973 19 5 0 0 0 1 0 .000
1974 8 3 1 0 0 0 1 .333
1975 6 10 1 0 0 0 4 .100
1976
1977 日本ハム 86 94 17 1 8 9 21 .181
通算11年 191 128 20 1 8 17 31 .156