聖光学院高校出身のプロ野球選手一覧表

湯浅京己

投手 聖光学院高-富山GRNサンダーバーズ-阪神 2018年 ドラフト6位

三重県尾鷲市出身。右投右打。聖光学院高校への進学後まもない1年の5月に成長痛による腰痛を発症、完治するまでの間はマネージャーを務める。2年秋に投手として復帰、3年春の県大会で公式戦デビューを果たし、同大会決勝戦での先発にも抜擢された。3年夏の県大会では背番号18を背負い、ストレートの球速が最速145km/hを記録するほどに成長を見せるも、甲子園大会本戦ではベンチ入りメンバーから外れた。BCリーグの富山GRNサンダーバーズを経て阪神へ入団。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2019 阪神
通算**年

知野直人

内野手 聖光学院高中退-第一学院高-新潟アルビレックスBC-DeNA 2018年 ドラフト6位

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2019 DeNA
通算**年

八百板卓丸

外野手 聖光学院高-楽天 2014年 育成ドラフト1位

福島県福島市出身。小学校1年生の時に野球を始めた。福島第三中学校では3年生時に投手、内野手として全国大会出場。聖光学院高では2年生の秋にベンチ入り。3年生の夏の甲子園では全4試合に1番・左翼手として出場、計15打数8安打、打率.533。2014年10月に行われたドラフト会議で楽天に育成1位で指名され、支度金200万円、年俸240万円で契約合意して入団。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2015 楽天
2016
2017
2018 27 38 7 0 0 1 12 184
2019
通算**年

横山貴明

投手 聖光学院高-早稲田大-楽天 2013年 ドラフト6位

福島県双葉郡浪江町出身。小学校2年生の時に野球を始めポジションは内野手。中学生の時に投手へ転向。聖光学院高では2年生の時に夏の甲子園に出場。2回戦の加古川北高戦で先発して勝利投手。高校卒業後はプロ志望届を提出せず早稲田大へ進学。大学では怪我に悩まされながらも主に救援投手として活躍した。2013年10月のドラフト会議で楽天より6位指名を受け、契約金2500万円、年俸720万円で契約合意し入団した。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2014 楽天 4 1 2 0 0 18.1 10 5.40
2015 7 0 2 0 0 15.2 6 9.77
2016 19 0 0 0 2 18.1 9 6.38
2017
2018
通算5年 30 1 4 0 2 52.1 25 7.05

園部聡

内野手 聖光学院高-オリックス 2013年 ドラフト4位

福島県いわき市出身。聖光学院では1年秋から4番打者を任される。4季連続で甲子園出場を果たし、主に4番として9試合打率.452、31打数14安打8打点マーク。大舞台で本塁打2発を含む7長打を放ち、プロスカウトの注目を集めた。高校通算59本塁打。高校3年の9月に高校日本代表に選出され、5番ファーストとして18UW杯準優勝を経験。2013年10月に行われたドラフト会議ではオリックスから4巡目で指名され、契約金4000万円・年俸550万円で仮契約。

年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2014 オリックス
2015
2016 16 54 11 1 6 0 24 .204
2017
2018
通算5年 16 54 11 1 6 0 24 .204

歳内宏明

投手 聖光学院高-阪神 2011年 ドラフト2位

兵庫県尼崎市出身。小園小3年から野球を始め、中学時代は田中将大を輩出した宝塚ボーイズに所属。聖光学院高では1年生の秋からベンチ入り。2年生の6月にスプリットを習得するとエースナンバーを背負うまでに急成長した。夏の甲子園では、初戦となった2回戦でエース有原航平らを擁する広陵高に1-0で完封勝利を挙げると、続く3回戦では山田哲人擁する履正社高も撃破。
準々決勝でエース島袋洋奨の興南高に3-10で敗れるもベスト8。3年夏の甲子園では、1回戦の日南学園高戦では延長10回の末5-4で勝利するも、続く2回戦の金沢高戦では釜田佳直との投げあい2-4で敗れたが、2試合で合計30奪三振を記録。2011年8月に第9回AAAアジア野球選手権大会では日本代表に選出。同年10月にドラフト会議で阪神から2位指名を受け、契約金6000万円、年俸720万円で入団合意した。

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率
2012 阪神 1 0 0 0 0 5.0 3 1.80
2013 5 0 0 0 0 8.0 1 5.63
2014 13 1 3 0 0 24.0 25 6.75
2015 29 1 1 0 2 34.1 23 2.62
2016 9 0 0 0 2 9.0 3 3.00
2017
2018
2019
通算**年

[fukushima]